保険診療

宮下歯科医院

〒399-0701
長野県塩尻市広丘吉田3136

【診療時間】
午前9:00~午後1:00
午後2:00~午後6:00
(土曜日は午後5:00まで)

【休診日】
木曜・日曜・祝祭日

3. 欠損補綴

欠損補綴

様々な原因で歯が失われてしまった場合、かみ合わせの回復やバランスを保つために人工物で補うことが必要です。





















■ブリッジ
抜歯した部位の両隣の歯を削り、被せる冠をつなぎとめて歯に装着する方法です。装着感は違和感なく使えます。但し両隣の歯を削るという犠牲を払います。またお手入れ方法にもよりますが、冠が外れたり境目が虫歯になったりすることもあります。

■局部床義歯
俗に言う“部分入れ歯”です。奥に歯がなくない場合や、多数歯が抜歯となりブリッジの適応とならない場合などに使用されます。ブリッジと違い取り外し式ですので、食事のあとはずしてお手入れすることが必要です。また、比較的大掛かりな装置ですので最初は違和感が強く、慣れが必要です。歯をほとんど削る必要がありませんが、バネのかかっている歯がいたみやすかったり、むし歯になりやすかったりするので注意が必要です。

■全部床義歯
いわゆる総入れ歯です。歯がまったくないため、顎の上に義歯をのせて使います。年々顎がやせて義歯が合わなくなったり、すれて痛くなったりすることがあるので調整が必要です。

あとは保険適応外の方法としてインプラントが考えられます。(インプラントの項参照